萌幻之乡

【SLG/生肉】 [KarinProject] 巣作りカリンちゃん -星詠みの神託- プレミアムパッケージ + Song CD + Bonus

RPG/养成/SLG, 游戏 nich - 40

青年カズトは魔王カリン復活のための迷宮を作ることになる。
冒険者である彼が何故そんなことになるのか。
それは迷宮作りに浪漫があるからに他ならない。
そして、浪漫と言えば『空から女の子が降ってくる』のもなかなか浪漫力が高いのではないだろうか……

そんな出来事から始まる物語。
カズトが出会った記憶喪失の少女、トウカは何者なのか。
さらに彼女を探すアイシャという天界の騎士。
迷宮を探る謎多き親子、シオンとリリ。
馬は置いてきた、追跡者のスイ。

トウカを中心に、迷宮は新たな脅威と対峙することとなるだろう。
しかし、心強い味方、冒険者のシャンフーが迷宮に加わり、共に立ち向かっていく。
はたしてカズトたちは迫り来る困難を乗り越えて魔王カリンの復活を成し遂げられるのだろうか!

「ミィのことはにゃんもないにょかにゃ?」
ミィも出るぞ! 

 キャラクター
キャラ1

トウカ CV:安玖深音

種族:不明
職業:天から落ちてきた少女

ある日、迷宮の近くに墜落してきた少女。
記憶を失っているがポジティブ思考。
その正体は──

人ならざる力を持つが、どうやら魔族ではないようだ。
いや、そもそも魔族は空から落ちてこないだろう。
天命の指し示すがままに、少女は行動をする。
それが迷宮にとって新たな脅威になるとしても。

と、これはあくまで少女が記憶を取り戻した時の話。
現実は戦闘能力皆無、ドジっ子気質だが、その微笑みは周りを癒し、
持ち前の社交性で人々に馴染んでいく。
そんなハートフルな物語になるはずである。
もう一人の少女がくるまでは。

「ご主人様、いつも助けてくれてありがとう♪」

クリックで拡大

キャラ2

アイシャ CV:本山美奈

種族:天界族
職業:天界の騎士

消息を断った主を追って地上へやってきた天界の騎士。
ほんわかと抜けた主に仕えるだけあって真面目である。

主が慕う<ご主人様>には懐疑的。
誰だって、主に突然ご主人様が出来ていたら驚くだろう。
それでも彼女は最適に行動を起こす。
何故なら、彼女は記憶を失っていないのだから。

ゆるい主やカズトに囲まれて、
それでも<目的>の為に奔走する。
そんな気苦労の多い騎士なのだ。
本人が幸せそうだから何も言うことはない。

「必ずや探し出してみせます!」

クリックで拡大

キャラ3

シオン&リリ CV:飯田空(シオン)&倉田まりや(リリ)

種族:天界族
職業:研究者とその娘

何を隠そう天界族なのである。
隠した所ですぐバレるだろう。
なにより、彼女たちは天界から来たことよりも、
もっと大きな問題を抱えているのだから。

迷宮にとっては敵対者。
その目的を秘密にしているのだから、なおタチが悪い。
情報で翻弄し、武力も並以上。
更には地上では存在し得ない力を用い、迷宮を闊歩する。
いやぁ、タチが悪い。
それでも憎めないのは娘を愛する母の顔に偽りがないからだろう。
リリに感謝してほしい。

「あら、なんだか大変なことになりそうですねぇ」

クリックで拡大

キャラ4

スイ CV:桜川未央

種族:天界族
職業:天界の騎士

天界からやってきた騎士。
騎士とは時にやりたくない任務もしなくてはならない。
しかし、彼女のそれはあまりにも不憫だった。
何故なら指名手配者を追って地上まで降りてきたのだから。

仲間、なし。情報、なし。所持金、なし。
更には追っている相手に利用される始末である。
とてもつらい。
地上に連れてこられなかった天馬に早く帰って会いたい。
撫でたい。乗りたい。駆けたい。
その一念で頑張るのだ。
まずは冒険者になってお金を稼ごう。街で暮らす為にも!

「馬!馬に乗りたい!!」

クリックで拡大

キャラ5

シャンフー CV:藤咲ウサ

種族:人間?
職業:冒険者

小さな身体に大きな戦斧を担ぐ冒険者。
その実力は並の冒険者を優に凌ぐ。
ソロを基本として臨時パーティを渡り歩く風来坊でもある。
そんな彼女はカズトともパーティを組んだことがあった。
それも思い出深い初めての冒険で。

お兄ちゃんと慕うカズトと迷宮で再会を果たした時、
シャンフーはどんな反応をするのだろうか。
案外ポーカーフェイスをするのかもしれない。
しかし、その心の片隅には<特別>なお兄ちゃんがきっといるのだ。

悪しき迷宮に囚われた思い出の人をシャンフーは救い出すことができるのだろうか!

「お兄ちゃん、ひさしぶりー」

クリックで拡大

キャラ6

ミィ CV:金松由花

種族:魔物
職業:まおう

とある島を根城にする魔物の少女。
島に住む魔物たちを束ね、<まおうさま>と呼ばれている。
大切な子分たちを守るのは親分の務めである。
真なる魔王かはさておき、彼女の想いはちゃんと魔王なのだ。

それはさておき。
少し離れた所にはギオウ山があり、迷宮がある。
そこには本物の、正真正銘の魔王がいるのだ。
小さな島の親分ははたして魔王カリンに並び立つことが出来るのだろうか。
いや、そもそも彼女がそれを望むのかは不明である。
何故なら彼女の言っていることはちょっとよく分からないから……

「ミィがほんもにょのまおうにゃー!」

点我

本体是旧作了。整了个DLC。中文简介可以去2DFan看看,我就懒了直接复制日文了。

版权所有 © 萌幻之乡 2020